FC2ブログ

future 

絵置き場

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 世界は僕らのために(オリジナル合作:設定集)

その他の登場人物たち 

2008/07/18 Fri.

中嶋 俊俊 アイコン

中嶋 俊(なかじま しゅん)

一人称「おれ(たまにオレ)」
高校二年生、179cm

バスケ部の主将で、尚季の幼馴染み兼、親友
尚季を尋ねに生徒会執行部へたまに足を運ぶことがあるが
ほとんど生徒会長室にいくので、メンバーにはあまり会わない
また、桐都と佳奈とは違い、人目に隠れて彼と二人でいるところを目撃されている

ガサツで強引、かつその時の気分で人の呼び名が変わる気分屋
人をからかうのが好きで、カマをかけることがあるが
冗談と流されたり、笑って許されるキャラで、割と好かれている
でも、何気に相手に対しては確信に近づく答えを誘導するので
好き嫌いが分かれる

メンバーが非公開とされている生徒会長直属の生徒会執行部
(別名;裏生徒会)の一人で生徒に知られている人物
仕事内容は生徒会執行部で出来ない仕事を請け負う(情報収集)
ほかにもいるが、情報収集のために伏せられている
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 世界は僕らのために(オリジナル合作:設定集)

藤堂 麗華(どうどう れいか)/神宮寺 臣(じんぐうじ おみ) 

2008/07/18 Fri.

藤堂 麗華麗華(全身)麗華 アイコン

藤堂 麗華 (とうどう れいか)

10/19生まれの高校一年生、てんびん座
AB型、164cm
一人称「私-わたくし-」

美人で、頼れるお姉さん的存在だが、かなりのBL好きで腐女子
1年でありながらも容姿の良さと、何か憎めない性格と
お嬢様でありながらも話しやすい性格のお陰で
モテモテだが本人はまったく自覚はない
告白文の手紙などは創作での資料と化する(哀れ)

趣味は、同人活動と妄想(=夢を見る)
腐女子モード(BL絡み)・乙女モード(NL絡み)の2種類があり
どちらも事実と妄想が混ざるので事が大きくなる事もしばしば・・・。

自分が好むBLCPタイプのひとつに、尚季と桐都の組み合わせが
当てはまり、二人がいるだけで妄想に拍車がかかる(笑)
同人作品では、メインのCP話と、おまけに
尚季と桐都がモデルのBLCPをこっそり描いていたりする
尚季と桐都、のちに修平のファンクラブ会長をし
彼らに危害がこない様に配慮はしているらしい


会長の尚季→呼び名:「麗華ちゃん」
異性だが、気の合う友人
理想が現実化したというくらい自分の中の腐女子魂のストライクゾーンに入る。
妄想話の相手もするが麗華の相手、臣の相談もしたりする
あまりの仲の良さにメンバーに疑われたりするが、双方共に、完全否定。
親友の佳奈との仲を応援しているが同時に妄想もしている。

副会長の桐都→呼び名:「藤堂」
理想が現実化したというくらい自分の中の腐女子魂のストライクゾーンに入る。
尚季と一緒にいるところが多いため、妄想に拍車がかかる
時々、鋭いツッコミを入れられるが、本人は気にしていない

書記の修平→呼び名:「藤堂」
先輩とわかってはいるが、子供っぽいところから先輩扱いはしていない
苦手とされ、あまり相手されないが特に気にしていない
桐都について聞かれ、妄想のネタにしている。

会計の佳名→呼び名:「麗華ちゃん」
普通の話をする上では気が合い、親友
だが、腐女子というものを理解していないために、熱く語られると顔を赤くされる
逆にそういう反応が可愛いと認識している
お互いの相手についての相談相手をするが、深いったことは相談しない。


自宅通いで、自家用車にて登校する
両親に自分と三人家族で、お金持ちのお嬢様
お見合い(政略結婚、婿養子)の形となるが、年上の資産家がいる
学校の送迎で見かける程度で、生徒会メンバーとは多少面識あり
年の差があるが仲はよい、あまり喧嘩はしない
(麗華の一方的なことで、が多い)
普段でもメールや電話のやりとりをしているところを目撃されている
-- 続きを読む --

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 世界は僕らのために(オリジナル合作:設定集)

宮部 桐都(みやべ きりと) 

2008/07/18 Fri.

宮部 桐都桐都(全身)桐都 アイコン

宮部 桐都 (みやべ きりと)

3/31生まれ、おひつじ座の高校二年生
A型、身長177cm
一人称「俺」
生徒会副会長


何事も淡々と話す、仕事こなすで、冷たく近寄りがたい雰囲気を持ち
自分の意見を述べても、気持ちは言わないので
何を考えてるかは分からない人だが、根はいい人

勘がよく鋭いことから、生徒会の影の支配者と呼ばれているが
会長の尚季のマイペースに振り回されている

長身で美形なので、女子にモテ、男子に嫌われている
また、本人も自覚あり、視力がよいにも関わらず伊達眼鏡を装着している

生徒会副会長、学生会会長、生徒会執行部部長といくつか肩書きがあるが
学校改革の際に役割の分割化に伴い、増えただけで
基本は「副会長」で、理事会長との会議の際に「学生会会長」と名乗る


会長の尚季→呼び名:「桐都」「桐都くん」
持ち前の勘の鋭さで、尚季の裏の一面を一番に見抜いた数少ない人物でもあり
尚季も、桐都の良い面を一番に見抜いた人物でもある
そのためか気分や話の流れで呼び方が変わることに複雑な顔をするが
下の名前で呼ぶこと(呼び捨て)を許している数少ない人物でもある。

友達というよりライバル関係で、お互いを信頼している良き仲。
よく一緒に行動している、学校公認の最強タッグ。

噂では喧嘩をしたとされるが、詳細はお互い語らないため不明。
ただ、今まで名字でしか呼び合わなかった二人が
ある日を境に急に名前を呼ぶようになったことから何かがあったという事実がある


書記の修平→呼び名:「宮部」
桐都の相手だが、性格-タイプ-が正反対のために、常に喧嘩している
喧嘩の原因は、修平の思い込みと桐都の言葉足らず。
不本意ながら、進級認定の間だけの寮での同室相手にもなっていたが
進級認定合格後の際に、同室希望出して同室者となっている
(桐都は同室者が居なくなってから、希望者が居ないために2人部屋を一人で使用していた)


会計の佳奈→呼び名:「宮部先輩」
彼氏でもある尚季のことについての相談相手
大人しい女の子と接する機会があまりないので、気を遣うらしい


会計の麗華→呼び名:「桐都先輩」
言い寄る女の子には慣れているためか、女の子相手でも容赦ない(笑)
でも、好意によるものなので、悪いイメージは持っていない
腐女子ではないが、偏見がなく、応援をしている

彼女の腐女子妄想の被害者で、尚季との組み合わせでの妄想をされている。
妄想性格での桐都は、嫉妬深くて溺愛といういかにも攻の性格設定。
妄想されていることは知っているが、妄想相手の尚季も気にしてない様子だし
言ったところで妄想に拍車がかかるので放置しているが
修平に疑いをかけられる原因にもなるので、頭を悩ませている

修平との関係がバレた時は生で見れると前向き。
ただ、相手が修平で残念と時々言われる


両親に兄・姉・双子の妹と4人兄弟がいる
双子の妹は生まれた時間が、次の日(4/2)に
変わってしまったために双子でありながら、学年が1つ下になる

家には長期の休み以外は帰らないが、双子の妹に買い物の荷物持ちで
強制帰還されることがあり(虫除け)
また、尚季の義妹と親友でもあり、尚季と仲がよかったりする
-- 続きを読む --

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 世界は僕らのために(オリジナル合作:設定集)

尾崎 尚季(おざき なおき) 

2008/07/18 Fri.

尾崎 尚季尾崎 尚季(全身)尚季 アイコン

尾崎 尚季 (おざき なおき)

9/18生まれ、おとめ座の高校二年生
O型、身長166cm
一人称「僕」
生徒会の会長


いつも微笑を浮かべ、のんびり、ほのぼのと穏やかな性格。
彼のマイペースに振り回される人も多いが
振り回されても嫌な意味ではないので、許されている。
自分に関しては、かなりの鈍感かつ天然も入っている。

性格もだが、頭も運動神経も良いため、生徒会の会長をしている。


生徒会副会長、兼、学生会会長の桐都→呼び名:「尚季」
友達というよりライバル関係で、お互いを信頼している良き仲。
よく一緒に行動している。
学校公認の最強タッグ。

書記の修平→呼び名:「会長」「尚季会長」
生徒会=部活で仲良くなった友達。
相手のことでの相談相手にもグチる相手になったり…。

会計の佳奈→呼び名:「尚季先輩」
彼女で、特別な存在。
鈍感さが原因で喧嘩を時々するが、お互いのんびりしているので
喧嘩というよりノロケ…に近い?(他者視点)
普段は口にしない本音が言える唯一の存在。
付き合いはじめて日が浅い時に、一度だけ大喧嘩をしたが
それ以降、喧嘩はせず…、この事件ををきっかけにお互いを理解した様子。

会計の麗華→呼び名:「尚季先輩」
異性だが気の合う友達。
あまりに気が合いすぎて、周りに2人の仲を疑われるが
お互いに思い人は別にいると完全否定。
彼女の腐女子妄想の被害者だが、特に気にしておらず、少なからず理解はある様子?
普段は意識はしないが、「裏」尚季になったら、妄想に拍車かけるきっかけを与えたりするので
二人が手を組めばある意味で最強タッグと、メンバー内ではある意味で恐れられている。


普段は穏和な性格だが
副会長の桐都曰く「食えないヤツ」
幼馴染みの俊曰く「何気に腹黒い俺様な尚ちゃん」と
普段の性格とは違う一面があり、知っている者は一部。

普段のイメージが良い分、雰囲気の違う彼を「裏」尚季と呼んで
ある意味恐れられている。

「裏」尚季の時は普段のイメージを正反対なために、
彼自身は尚季と名乗らず、“四季”(シキ)と名乗る(→詳細は後述)

見た目に反して家庭環境(内部事情)は複雑。
母子家庭で病弱の母親と2人暮らししていたが、中学3年の春に他界。
母親の葬式時に、初めて父親と対面するが、最初は別居。
高校1年の秋頃、父親の再婚とともに、一緒に暮らすようになる。
義理の母親と1つ下の義理の妹と4人。
1つ下の義妹が、桐都の双子の妹(4/1生まれで1学年下になる)と親友同士。
義妹と幼馴染み兼親友の俊とが付き合っている。認めているが複雑。
-- 続きを読む --

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 世界は僕らのために(オリジナル合作:設定集)

プロローグ、由宇的妄想設定(オリジナル合作) 

2008/07/18 Fri.

素敵絵師のサボテンさまと考えましたオリジナルNL・BLCPです

*オリジナル合作のタイトルはありませんので、自分で勝手につけてます


世界は僕らのために...尚季side(NLCP)

入学式を終えての4月――
新入生は、どの部活動か委員会か選択・仮入部して1年間所属するところを決めていた
本校では全生徒、何かの部活動か委員会に所属していないといけないルールなので
4月いっぱいは部活動・委員会活動選択に追われていた。


「尾崎会長!宮部副会長!私達、生徒会執行部に入部したいです!!」


生徒会執行部と言えば、今年度よりの学校改革に最も功績を挙げた二人で
学校のカリスマ的存在もとい、学校内で最も権力のある二人
その二人の前に話しかける人物は新入生の2人
しかも女の子

(一人はともかく・・・一人は道連れみたいな感じだな・・・)

「・・・理由は?」

「お二方を、遠くだけで見ているなんてもったいないです!!
 一緒に・・・いえ、お近くにいたいですわ」

「あっははは!桐都、面白いよ、この子!仮入部決定ね」

「まぁ!ありがとうございます、尾崎会長」
「何、勝手に決めてるんだ!尚季!!
 生徒会執行部は俺の委員会だ」
「でも生徒会執行部は僕の直属だから、僕にも決定権はあるよね?」

無言で睨みつける桐都と、ニコニコと返す尚季
対称的な雰囲気を放つ二人に、一人の女の子はオロオロしていた

「・・・何かあったら、お前の責任だぞ、尚季」
「今さら僕に怖いものなんてないよ」

なにやら意味深な言葉を残しつつ、新入生の二人にも同様の笑顔を見せる

「ようこそ、生徒会執行部へ、僕達は君たちの入部を認めるよ」


世界は僕らのために...桐都side(BLCP)

「彼は篠塚修平くん、単位が足りなくて生徒会活動奉仕にきた子だよ」
「どうも」

放課後の生徒会室、もとい、生徒会執行部室
以前の生徒会を潰し、新しい生徒会を創設して間もない頃・・・1年の冬頃
新会長の尾崎尚季が入ってきた

(見ない顔だが、普通科の生徒か?)

学校には特進コースと普通科があり、特進コースは各学年1クラスのみの少数人数
見かけない顔は普通科しか考えられない

(まぁ、来年度から特進コースのクラスはなくなる。
 ただ、特進コース・・・通常授業より難易度の高い授業を受けられる人間は
 卒業認定テストの成績上位30名に、条件は変わったがな)

特進も普通も関係ないクラス編成
クラス編成と言っても、HRが終われば各自、受けたい授業に受けるから
大学に近いようなものだ


「待てよ、尚季
 それは学年制による進級認定だからあるんだろ」
「持ち越すにも、単位が足りないから進級が出来ない
 留年になるけど、来年度から単位制になって留年はない
 ・・・まぁ来年度までは学年制のやり方で行くから、それまでは」

よろしくね、と相変わらずニコニコと言うのは尚季

「今は前の生徒会の片付けや、新しい生徒会始動のために
 桐都が僕の代わりに生徒会の仕事してくれるから、僕が基本的に勉強を教える係だけど・・・
 修平くんは寮生みたいだから、進級認定があるまでは、
 桐都と一緒に同室して桐都からも教えてもらってね?」


「「はぁ?!」」


「僕は寮生じゃないから放課後の数時間しか教えてあげられないし
 桐都は、今まで二人部屋を一人で使って、部屋が空いてるから
 僕だけでなくて、桐都からも教えてもらったらいいかなと思って

 いいじゃない、同室といっても次の進級認定までの間だよ
 進級認定が終われば僕たち-生徒会執行部-は関与しないんだ」


最もらしいことを言われて反論できない二人
改めて見合わせて思うことは一つ


((コイツ-アイツ-は、苦手な-嫌い-なタイプだ!!)) 
-- 続きを読む --

edit

CM: --
TB: --

page top

2018-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。